印刷・特殊加工なら「激安印刷フクトモ」におまかせ下さい!ファッションバッグやショッピングバッグ、ビニール・ポリ袋も激安提供!会社概要 サイトマップ

激安印刷 フクトモ TEL050-3532-2910 受付時間/9:00~17:30
安心のオール込み価格
版代込み! 消費税込み! 送料無料!
特色・特殊印刷対応複数場所へ発送対応
袋物 印刷対応 掛売り対応
お問い合わせ私たちが心を込めてお手伝い

ネット印刷初心者に役立つ「印刷の基本」から上級者向けにも「アイデアの種」になる様々な情報をお届けします。

fukutomo BLOG

超簡単!ネット印刷を始めよう! Vol.3 「その写真&ロゴは印刷できません!?」

net_in_01

第3回は、印刷に使えない写真やロゴについての解説です。「解像度が不足しています。他の写真が必要です。」と言われた経験はありませんか?ネット印刷ではよくある話ですが、原寸350dpiなど難しい解説は抜きにして、面倒なやり取りを回避する方法について解説します。


本当に印刷は出来ないのですか?

印刷は出来ます。極論、画面に表示しているものは何でも印刷可能です。問題は予想以上に「印刷仕上がりが悪くなる」このクレームに対して事前に「本当にいいですか?」の確約が取りたくて、連絡をいれているだけです。単に返品防止の保険みたいなものとも言えます。もし、連絡事項に「解像度不足、その他も、そのまま印刷」と入れておけば問い合わせは一切入りません。
注意すべきことは、せっかく費用をかけた印刷物が、WEB画面をプリントしたように荒れた仕上がりになることを、自己責任として覚悟ください。
kuma_icon_p01

せっかくだから「キレイ」にしたい!

じゃ〜それなら、そちらで「キレイ」にして欲しいと言われます。希望は重々わかるのですが、これは無理な相談なのです。100円を渡されて、10,000円にしろと言われて無理なのと同様です。これは、データ制作サービスなどサポートを受けても同様ですから是非憶えておいて下さい。多少なんとかしますと言われたら、何ともならんけど、これ以上かまっていられないので進めるか、という意味です。

「キレイな印刷物」を作る為のポイントは?

写真とロゴは印刷物の顔、品質の高いデータを使用することが基本。
● 自社ホームページからのデータ流用はやめましょう。
ホームページは画面最適化されたデータです、ここから印刷物は出来ません。
(しかし、印刷物のデータからホームページ制作は可能です)
特に「ロゴ」、元の納品データが自社に必ずあります。ここから使用しましょう。
ロゴがガタガタでは、イメージダウンですよね。

● 印刷データを制作する時、貼り込み後「写真の拡大・変形」を行わない。
トリミングや縮小は問題ありません。

●今のデジカメやスマホは、印刷可能なほど高画質です。しかし、データが重いからと言って、添付用リサイズは行わない。

●画面を拡大して確認!500%が理想ですが、400%拡大して写真やロゴを見て見ましょう。
ガタつきがなく、曲線も「キレイ」なら可。曲線に正方形(ピクセル)が見えるなら、不可なデータと判断します。
kuma_icon_p02

まとめ

もし、写真画像やロゴの画像を扱う機会が多いようでしたら、プロ向け定番ソフト「Adobe Photoshop (アドビ フォトショップ)」がお勧めです。プロ向けと言っても、他の簡易なソフトがフォトショップの操作性を流用してますから難しくはありません。
まずは、無料版からチャレンジしてみて下さい。
https://www.adobe.com/jp/downloads.html
使えるようなら、2013年12月31日までに加入した場合の特別プランで!
https://fukutomo.net/blog/archives/516


コメントは停止中です。

TOP

HOME

お問い合わせ